介護アロマセラピスト養成講座

リラクゼーションを目的として、女性を中心に人気の「アロマセラピー」。現在では、アロマが介護の現場でも積極的に利用されるようになってきました。本来、介護とアロマは深い関係があるものです。

年齢を重ねるごとに、人間は様々な感覚が鈍っていきます。五感もまた同じく年々感じる力が弱くなってしまうのですが、嗅覚に関しては比較的弱まるのが緩く、高齢者の方でも匂いを感じやすいといった特徴があります。

また、例え香りを感じにくかったとしても、鼻から吸い込んだ香りは鼻→脳→肺へと運ばれていき、アロマの効果を体感できるのです。

介護アロマセラピストは、介護の現場における香りのプロとして、それぞれのシーンにおいて適切な香りを選び、要介護者の生活を彩り、サポートする業務を行います。

介護におけるアロマの活用方法

介護の現場では、主に以下のようにアロマを利用することがあります。

  • マッサージ時
  • おむつ交換時など臭いを分散させたい時
  • 朝、昼、晩と香りを変えて「時間」を認識させる時
  • 夜、安眠を目的として
  • 殺菌(ラベンダーなど一部のアロマには殺菌効果があるため)

介護アロマセラピストの資格を取得することで、介護の現場において効果的なアロマの使い方を知り、実際に活用することができます。

介護アロマセラピストを取得するまでの流れ

介護アロマセラピストは、資格取得の学校などで養成講座を受けることができます。介護アロマセラピストは、本来アロマセラピーに関する有識者であることが前提となっており、必要に応じて独学でアロマセラピーを学ぶ必要が出てくることもあります。

学校によっては、始めてアロマセラピーを学ぶ人向けの講座もあるかと思いますので、ぜひそれぞれの学校の内容を詳しくチェックしてみてください。

介護アロマセラピストの資格を取得するためには、各資格取得学校の養成講座を修了し、ご自宅で受けられる学科試験に合格する必要があります。

費用

研修費+テキスト代でおよそ30,000~40,000円ほどになります。

介護アロマセラピスト取得におすすめのスクール

介護アロマセラピストは、あらかじめアロマに関する知識を持っている方向けのため、通常の資格取得スクールよりも、アロマを学べるスクールで開講しているケースが多くあります。

中でもアロマ関連資格で有名な「アロマセラピースクール」や、様々な業種とアロマを組み合わせた講座が魅力の「東京メディカルアロマスクール」がおすすめです。

神奈川でおすすめな介護資格が取れる学校5選