レクリエーション介護士

レクリエーション介護士は、一般社団法人・日本アクティブコミュニティ協会が2014年から実施を開始した資格です。

現在、介護の現場では食事のお世話や入浴・排泄のみならず「生活の質」を高めることが求められています。生活の質を高めるために、「レクリエーション」が重要視されているのです。

安全で誰もが楽しめるレクリエーションを通して、高齢者の方に楽しさや喜びを与え、いきいきと生活できるよう努めるのがレクリエーション介護士です。具体的には高齢者向けレクリエーションの計画提案・実施などを行います。レクリエーションには、ご自身の趣味や特技を活かしたものなど様々です。ご自身のアイディアを活かして、高齢者の方に喜びを与える、そのための知識や技術を身に着けられる資格です。 

試験を受けるための必要条件

レクリエーション介護士には「1級」と「2級」があります。1級は、2級を取得した方のみ受験することが可能です。

試験概要

レクリエーション介護士の資格を取得する手段として、「学校に通う」「通信教育で学ぶ」の2つがあります。いずれもテキストなどで知識を習得した後に、試験を受けることになります。試験は試験会場ではなく、ご自宅や学校で受けられるので便利です。

スクールは、日本アクティブコミュニティ協会のHPに記載されています。北海道から宮崎県まで、全国各地で行われているので、実施日や期間などをぜひチェックしてみてください。受験に関する申し込みは、各スクールへ問い合わせることになります。

難易度に関しては、合格率が公表されていませんが「テキストを読めば解ける問題がほとんど」と言われています。一般的に合格率は高いとされているようです。

期間

資格取得の目安期間は、通信教育の場合は通常三か月前後、スクールに通う場合は2~3日で集中的に知識を学び、試験に臨みます。

費用

通信・スクールどちらの場合も、少なくとも受講料+試験代込で最低30,000円はかかるようです。

資格取得後はこんな風に働く! 

既に介護福祉士などの資格を持っている方は、現在の業務の幅がさらに広がることでしょう。実際に施設の入居者向けのレクリエーションプランを立てて実行するなど。高齢者とのコミュニケーションにおける第一人者として活躍できます。

また、日本アクティブコミュニティ協会の関連団体に、資格取得者の就職を支援してくれる「介護レクワーク」というサイトがあり、こちらで就職マッチングを行うことができます。