聖ヶ丘教育福祉専門学校

このページでは、聖ヶ丘教育福祉専門学校の特徴や所在地、アクセス情報についてご紹介しています。

学校の特徴

横浜に設立してから80年以上の歴史を持つ聖ヶ丘教育福祉専門学校。関連施設の保育園や幼稚園で実習に取り組むことができます。第一部介護福祉専攻科は、学校に支払った費用の一部を受給できる「専門実践教育訓練給付制度」の対象講座です。

数か所ある付属幼稚園と保育園で助手として働くことで給料がもらえる、助手勤務制度を導入。クラスは少人数制で、入学できるのは女性のみの専門学校です。

1年間で介護福祉士の資格が取得できる

聖ヶ丘教育福祉専門学校の介護福祉士専攻科に入学できるのは、厚生労働大臣が指定している保育士養成施設の卒業者又は見込者のみ。

養成施設で介護福祉士の資格を取得するには、2年以上の養成施設を卒業する必要があります。しかし「介護福祉士」と「保育士」には内容が重なる科目があるため、それ以外の老人福祉の関連科目を1年間で学ぶことで資格を取得することが可能です。神奈川県の福祉系専門学校でこの専攻科があるのは、現在聖ヶ丘教育福祉専門学校のみとなっています。

教育訓練給付や月額納入制度などがあります

介護福祉士専攻科は厚生労働大臣が指定している保育士養成施設の卒業者の方で、保育士の資格に加えさらにステップアップを目指している方におすすめです。「専門実践教育訓練給付制度」の対象講座なので、給付対象の方は教育訓練経費のうち40%(年間上限32万円)が支給されます。給付金の給付割合の引き上げや追加支給などもあるので、気になる方はハローワークに問い合わせてはいかがでしょうか。

また聖ヶ丘教育福祉専門学校の卒業生や学内進学者は入学金30万円が免除。月額納入制度もあるので、まとまったお金を用意することが難しい方も安心して通うことができます。個別相談会を行っており、学費や奨学金について相談できるので、詳しく知りたいという方は足を運んでみてください。

聖ヶ丘教育福祉専門学校 学科・コース情報

  • 第一部 介護福祉士専攻科 1年(女子のみ)
    介護福祉士・幼稚園教諭二種免許状・保育士の国家資格が卒業と同時期に取得できます。
  • 第一部幼稚園教員・保育士養成科(2年)、第一部介護福祉専攻科1年の3年間
  • 第二部幼稚園教員・保育士養成科(夜3年)、第一部介護福祉専攻科1年の4年間

どちらかのコースを選ぶと3つの国家資格を取得することが可能です。介護士と保育士の2つの資格を取得すると、子どもからお年寄りまで幅広い専門職として活躍ができ、キャリアが広がります。実習を行う特別養護老人ホームは、学校から50mと近くにあるのも特徴のひとつです。

聖ヶ丘教育福祉専門学校の所在地・アクセス

聖ケ丘教育福祉専門学校
横浜市保土ヶ谷区常盤台66-18(市営地下鉄三ツ沢上町駅から徒歩5分)

神奈川でおすすめな介護資格が取れる学校5選