YMCA健康福祉専門学校

このページでは、YMCA健康福祉専門学校の特徴や所在地・アクセス情報などについてご紹介していきます。

学校の特徴

YMCA健康福祉専門学校では、「職員は指導者ではなく援助者の態度で生徒に接する」という理念を持っています。生徒を指導する相手ではなく人として尊敬して関心を持つことで積極的なコミュニケーションを取っています。

現場実習は14週間

入学してから2ヵ月は最初のステップとして、老人ホームや障がい者支援施設などの見学を行い、施設の構造や機能、各職種を学びます。2年間で学ぶことを理解すると目的意識がはっきりし、モチベーションが高まって勉強に取り組みやすくなるのが特徴。1年目の夏から実習を行った後、実習指導教員の指導のもと実習を振り返ることができます。現場での経験に加えて学校で演習をすることでさらにステップアップ。基礎的な介護技術を実践した後は、夜間の勤務体制を経験します。最後の実習ではケアプラン(介護計画)を作成し、個別支援の方法と介護技術を学んで自分の課題を発見。現場実習は全部で14週間あり、その中には介護だけでなく社会福祉現場での相談援助業務の実習もあります。

生徒主体の学校行事

学校行事では生徒が実行委員会を設置して、企画と運営を行っているYMCA健康福祉専門学校。グループワークの手法を取り入れていて、一人ひとりが役割を持つことで責任感が育ちます。福祉は人とかかわる専門職。自分の役割を理解し、責任を持って果たすのが大切なことだと考え、生徒がまとめて職員はサポートに回っているようです。その他の行事も福祉職を目指している生徒たちが、思いやりや協調性を持つように考えられています。技術だけではなく、体験学習を通じて人間関係形成能力や自己学習能力を身につけた人材を育てることを目指している専門学校です。

YMCA健康福祉専門学校 学科・コース情報

  • 介護福祉科
  • 介護実務者養成科(実務者研修)

介護福祉科で取得できる資格

  • 介護福祉士
  • 社会福祉主事任用資格
  • レクリエーションインストラクター
  • キャンプインストラクター
  • 初級障がい者スポーツ指導員

YMCA健康福祉専門学校の介護福祉科では、「介護福祉士」の国家資格だけではなく「社会福祉主事任用資格」を2年間で取得できます。「介護福祉士」と「社会福祉主事任用資格」の2つの資格を同時に取得できるのは神奈川県では唯一ここだけなので、両方取得したい方にオススメです。社会福祉主事任用資格は、2年の実務経験をすることにより社会福祉の受験資格を得ることができます。高齢者施設や身体障がい者施設、知的障がい者施設での相談員として働くことが可能です。

YMCA健康福祉専門学校の所在地・アクセス

YMCA横浜カレッジグループ

・YMCA健康福祉専門学校
厚木市中町4-16-19(厚木駅から徒歩5分)

・YMCA福祉専門学校
川崎市多摩区登戸3032-2(登戸駅から徒歩9分)

・横浜YMCA学院専門学校
横浜市中区常盤町1-7(関内駅から徒歩3分)

神奈川でおすすめな介護資格が取れる学校5選