介護の資格パーフェクトナビ~神奈川版~ HOME » 介護資格の学校を選ぶポイントをチェック

介護資格の学校を選ぶポイントをチェック

 介護の資格を取得する際の方法として「通信講座」「学校に通っての勉強」があります。それぞれにメリット・デメリットがあるのでチェックしていきましょう。

通学制と通信制、どっちの方がオススメ?

通学制

メリット

  • 同じ資格を目指す仲間と出会え、モチベーションが高まる
  • 質問したい時、すぐに講師に確認することができる
  • 実技や文字を追っているだけではわからない部分が明確になる
  • 通信講座と違い、学校に行って授業を受けなければならないため、勉強が苦手な人も勉強せざるをえない環境に身を置くことができる

デメリット

  • 日程によっては振替もしくは欠席しなければならないことがあるかもしれない
  • 交通費や時間の手間がかかる

通信制

メリット

  • 学校に通わなくても家で勉強できる
  • 自分のペースで学習を進められる
  • 担当の講師が一対一で自分の勉強をチェックしてくれる

デメリット

  • 質問をしたいときに、すぐにすることができない
  • 実際に講義を聞かないとイメージしづらい部分もある
  • 実技などが受けられない
  • 「忙しいから」など理由をつけてやらない人もいる

通信講座とスクールでの学習には、それぞれ良さがありますが、やはり「どうしてもこの資格を取りたい」というものがあるならば、学校での勉強をおすすめします。

通信講座が向いている方もいますが、学校に行ってベテランの講師陣から生のレクチャーを受けることで、実務が重要な介助へのイメージを深めることができます。

また、講師には介護の現場で経験を積んだベテランが揃っていることが多く、業界の現状などを聞くことができ、非常に有意義な時間となります。

それでは実際に、学校を選ぶ際にどの点を重視したらよいのでしょうか。

介護資格スクールを選ぶときの3つのポイント

授業の質・サポート力が高いか

体験授業や口コミなどから、実際の授業の雰囲気を確認してみましょう。先生の教え方や教室のムード、授業についていけそうかなどを事前にチェックしておくことが大切です。

内容に見合った料金か

高いお金を払って受講するのであれば、より質の高いサービスを求めるのは当然のことです。それぞれの学校について、どのようなサービスを提供しているのかあらかじめリサーチしておきましょう。

通いやすさ

講座は短期間で終わるものばかりではありません。継続して通い続けるためには「通える距離か」「駅からのアクセスはよいか」などをしっかり見ておくようにしましょう。

神奈川でおすすめな介護資格が取れる学校5選