介護職に転職するため取得(30代男性)

「もっと人のためになる仕事がしたい」転職のため介護の資格取得にチャレンジ!

プロフィール

名前:ラッコ

年齢:30代

仕事は充実している、けれど…

もともと私はサラリーマンでした。残業は多かったものの、会社の雰囲気はとても良く、良い同僚にも恵まれていました。しかし仕事をしていくうちに「本当にこの仕事で良いんだろうか」という疑問が強くなってきていることに気付きました。

もともと私は、人と密接に携われる仕事がしたかったのです。だけど今の仕事は、就職ができたからしている業務にしか過ぎなかった。

「いいのか、これで…」自問自答を何か月も繰り返し、ついに私は、転職をすることに決めました。キツく、大変と言われる介護職に…。

しかしそれが私にとって、前からの夢だったのです。仕事を探しているときは、怖気づいて身を引いてしまっていましたが、この決断をしたことで、胸の突っ掛かりが取れたような気がしました。

介護職になるため。久しぶりの勉強

生活もあるため、仕事をしつつ、土日に資格取得の勉強をすることにしました。

最初は通信制を考えていましたが、通信でも通学(スクーリング)をしなければならない、ということがわかりました。だったら経験や知識、技術が豊富のプロによる話がたくさん聞けそうな通学制がいいと思い、通信はやめました。

介護現場の経験がある講師がいる学校を選び、通うことに。

通学初日目は驚きました。男性が私を含め3人しかいなかったのですから。少ないだろうなとは思っていましたが、予想以上でした。

そして介護関連の資格だからか、意外と社会人の方が8割以上だったことにも驚きでした。学校と言えども、学生だけじゃなくって大人も来るんですね。

初日の授業は、生徒全員の自己紹介があり、基礎中の基礎を学ぶことができました。

単なる座学だけでなく、その道のプロによる体験や、現場での考え方を聞くことができ、さらにモチベーションが上がりました。

まだ介護の資格を取っている最中で、介護職に就けているわけじゃありませんが、こうやって介護職を目指すことに決めてよかったと思っています。

時間はかかりますが、介護職で働けるように資格取得に向けてがんばっていきます。

神奈川でおすすめな介護資格が取れる学校5選